Sponsored Link

陸マイラー必携のソラチカカードとは?スペックを徹底解説!

前回の記事でポイントをマイルへ交換する上で最も効率の良い新ソラチカルートについて解説しました。

この新ソラチカルートを利用するにはANAが発行するソラチカカードが必要となります。

今回はマイルを貯める上でぜひ持っておきたいソラチカカードについて紹介していきます。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)とは

ANAカードと東京メトロが発行するTo Me Card PASMOが一体となったカードです。

基本情報は以下の通りです。

年会費 2000円 ※初年度無料
申し込み対象 18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方。

または高校生を除く18歳以上で学生の方。

ポイント還元率 0.5%~1%
Webサービス My JCB
旅行傷害保険 〈海外〉最高1,000万円

〈国内〉-

国内航空傷害保険 最高1,000万円
国内・国外航空機遅延保険
ショッピングガード保険 〈海外〉年間最高100万円

〈国内〉ー

入会・継続時ボーナスマイル 1,000マイル
追加可能カード 家族カード

ETCカード

QUICKペイ

Sponsored Link

ポイント還元率

ソラチカカードはカードの利用額1,000円につき、Oki Dokiポイントが1ポイント付与されます。

この時点では0.1%の還元率という計算になります。

カードの利用で付与されたOki Dokiポイントは1ポイントを5マイルまたは10マイルへ交換可能です。

通常は5マイルコース(無料)ですが、年額5,400円(税込み)の移行手数料を払うことで10マイルコースへ変更することが可能です。

1,000円につきOki Dokiポイントが付与されるので、

5マイルコースであれば、0.1×5マイル=0.5%

10マイルコースであれば、0.1×10=1%

の還元率という計算になります。

この還元率はANA VISAカードと比較すると高いものではありません。

したがって、還元率の観点からはソラチカカードはメインカードとして支払に利用するには不向きといえます。

したがって基本的には死蔵向け※のカードと言えるでしょう。

※支払に使わずにただ保有することからそのようなカードを死蔵向けと言うことがあります。

入会時・更新時ボーナスマイル

ソラチカカード入会時と一年ごとの更新時にボーナスマイルとして1,000マイルもらえます。

マイルを現金の価値に置き換えると2円以上になるので、年会費として2,160円がかかるとしても十分に元は取ることができます。

特徴

一体となっているPASMOのオートチャージでポイント・マイルが貯まる

ソラチカカードはPASMOが一体となっています。

そして、このPASMOはオートチャージの設定が可能です。

つまり、乗車料金のカード払い可能なのです!

オートチャージによって支払われた金額はソラチカカードによる支払となり、ポイント付与の対象となります。

チャージでポイントが付与されるクレジットカードは限られているため、クレジットカード払いでポイントを貯めたい人にとって貴重な特徴になります。

オートチャージの条件・金額は10,000以内・1,000円単位で設定可能です。

例えば、「2,000円以下になったら3,000円」、「1,000円以下になったら5,000円」などと設定できます。

オートチャージの設定変更は、東京メトロの駅事務室、多機能券売機、IC対応券売機、定期券うりば、またはPASMO取扱事扱事業者の駅で行うことができます。

また、オートチャージができるのはPASMOエリア、首都圏・仙台・新潟の各Suicaエリア改札機をタッチしたときです。

改札を出入りする際に残額を気にする必要がなくなるため便利で手放せなくなります。

混雑時に残高不足で改札を止めてしまうこともなくなり安心です笑

オートチャージの詳細についてはこちらで確認できます。

メトロポイントを利用できる

ソラチカカードの特徴はなんと言ってもこのメトロポイントにあります。

「ポイントをANAマイルに最も効率的に交換する方法を解説!」で紹介した通り、ソラチカカードを保有することでポイントサイトで貯めたポイントが81%のレートでマイルへ交換可能となります。

※新ソラチカルートについてはこちらの記事を参照してください。

さらに、ソラチカカードで東京メトロを利用した場合、なんとメトロポイントが付与されます。

平日は5p、土休日は15pです。

例えば休日にメトロの1区間に乗った場合。料金が165円、得られるポイントが15pで9%還元ということになります。

また、マイルは特典航空券と交換した場合1マイルの価値は2円以上になるので、交換後の価値で換算すれば17%以上の還元と考えることもできます。

通常電車を利用する際は割引はありません。しかし、メトロポイントを獲得することで実質的に割引を受けることができます。

利用頻度が高い人にとって嬉しいですね。

さらに、メトロポイントPlus加盟店でのPASMOの支払いでもメトロポイントが貯まります

店舗(売店(METRO’S)、Echika、Echika fit、Metro pia、Esola等ロゴ掲出先)では利用金額200円につき1p。

自動販売機(自動販売機、コインロッカー等ロゴ掲出先)では利用金額100円につき1p。

東京メトロを利用する際は、クレジットカードのポイント、メトロポイントの2重取りが可能となるため支払でも強みを発揮します。

メトロポイントPlusの詳細はこちらで確認できます。

クレジットカード利用ポイントとは別にマイルが貯まる

ANAカードにはANAカードマイルプラスというサービスがあり、提携店でカードを利用すると発行会社とは別にマイルが付与されます。ソラチカカードはANAカードでもあるため、このサービスを受けられます。

下記の例は一部ではありますが、これらの店で支払をするとJCBのOki Dokiポイントとは別に、マイルを獲得できます。

名前 利用金額(税込み) 獲得マイル数
マツモトキヨシ 100円 1マイル
セブンイレブン 200円 1マイル
スターバックスコーヒー 100円 1マイル
イトーヨーカドー 200円 1マイル
楽天市場 200円 1マイル
大丸・松坂屋 200円 1マイル
高島屋 200円 1マイル
ENEOSでんき 200円 1マイル
ENEOS 100円  1マイル

利用金額に応じてOki Dokiポイントも加算されるのでポイントの二重取りが可能です。また、ポイントサイトに広告が掲載されているオンラインショップであればポイントサイトのポイントを加えて三重取りも可能です。

これはソラチカカードに限らず、ANAカード全般について言えることです。

ANAカードを持っている場合は、ぜひ意識して利用してみてください。

Quick Pay+nanacoが利用可能

Quick Pay+nanacoは①Quick Pay、②nanacoが一体となったものです。

発行手数料に300円(税別)がかかります。通常のnanacoカードを発行する際も同額がかかるため、その料金であると思われます。

また、ANA Skipサービスも利用することができます。

以下それぞれについて説明していきます。

Quick Pay

Quick Payとはチャージする必要がない電子マネーです。

支払は連携されているカードに紐付けられており、実質的にカード払いということになります。

ただし、タッチのみで支払いが済むので、カードによる払いよりスムーズに支払いが行えます。

また、支払はカード払いと合わせて請求され、クレジットカードのポイントの加算対象となります。

ソラチカカードに連携したQuick PayであればANAカードマイルプラスの対象にもなります。

nanaco

株式会社セブン&アイ・ホールディングスが提供する事前チャージ型の電子マネーです。

様々な店で利用できる汎用性が高い電子マネーです。

nanacoで100円の支払いをすると1p貯まる仕組みになっています。

節約術でnanacoを活用することもあるので持っていて損はないと思います。

ANAスキップサービス

事前に予約、購入、座席指定が済んでいる場合にチェックインカウンターを経ずに直接保安上に進むことができるサービスです。

ANAカードやスマートフォンなどでも利用可能です。

安検査や登場時にこれらタッチで済ませることができます。

普段身につけているもので手続を済ませられるので便利です。

Sponsored Link

お得にソラチカカードを発行する方法

それでは、どのようにソラチカカードを発行するのがお得なのでしょうか。

ここでは、ソラチカカードを発行するにあたり意識したいポイントを紹介していきます。

ANAのキャンペーンを利用する

まず、ANAが実施しているキャンペーン期間を狙いましょう。

キャンペーン中に対象のカードを発行し、条件を達成するとマイルへ交換可能なポイントが付与されます。

そして、現在ANA JCBカードのキャンペーンが実施中です!!!

ソラチカカードも対象となっており、最高18,700マイル相当のポイント獲得のチャンスです!

キャンペーンは不定期に行われており、いつ・どのようなキャンペーンが行われるかわかりません。

マイルを貯める上で必須のソラチカカードが対象となっている今のうちに申し込むことをオススメします。

以下にキャンペーンの詳細を掲載しますが、次の「ポイントサイトを利用する」の項目を必ず確認してから申し込みを検討してください。以下のリンクから直接申し込みをすると次の項目の内容は利用できなくなります。

※キャンペーンの詳細はこちら

ポイントサイトを利用する

ポイントサイトに広告が掲載されていれば、カードの発行でポイントサイトのポイントを獲得することができます。

もちろん、それぞれの条件を満たせば、両方の特典を受けられます

そしてなんと!!!ANAのキャンペーンに加えてさらに!!!

現在、ポイントサイトにもソラチカカードの広告が掲載されています!!!笑

カード発行でポイント二重取りのチャンスです!

以下で広告が掲載されているポイントサイトを紹介していきます。

ポイントインカム

現在最も高額の報酬が掲載されているのはポイントインカムというポイントサイトです。

報酬額は4,900円です!マイル換算で3,969マイル

上記のANAのキャンペーンで全ての条件を満たせば、22,669マイルです。

22,669マイルあれば、東京発の国内線の場合、ハイシーズン(シーズンによって特典航空券に必要なマイル数が3段階に分けられており、最もマイルが必要とされるシーズンのこと。)の宮古・石垣路線以外全ての路線が往復で利用可能です。

海外であれば、韓国の全てのシーズン、ハイシーズン以外の北京・上海・香港が含まれるエリアで往復の特典航空券へ交換

可能です。

もっとも、ポイントインカムで貯めたポイントを新ソラチカルートでマイルへ交換するには、三井住友VISAカードが必要となります。

もし、三井住友VISAカードを保有していなかったり、今後申し込む予定がない方は以下で紹介するサイトの広告を利用してみてください。

モッピー

三井住友VISAが必要ないサイトの中で最も高額なのがモッピー、ポイントタウン、Gポイントの3サイトです。

報酬はそれぞれ3000p。マイル換算で2,430マイルです。

これらの中で最もオススメするのがモッピーです!

既に別の記事で紹介済みですが、夏の友達紹介キャンペーンが実施されているためです。

紹介されて登録した場合、条件を達成することで招待を受けたあなたが特典を受けることができます!

特典は以下の通りです。

①モッピー登録後に5000p以上獲得すると紹介されたあなたに1000pがプレゼントされます!

②さらに、ポイントウォレットVISAプリペイドを申し込み1,000円以上チャージすると同じく紹介されたあなたに300pがプレゼントされます!

こちらはプリペイドカードなので審査はありません。

年会費もかからないのでこの機会に申し込んでみてはどうでしょうか。

ソラチカカードを発行するすれば①の条件の60%を達成できます。

残りの2000pは無料登録の広告等を利用することで達成できると思われます。

※登録はこちらから
モッピー!お金がたまるポイントサイト

ただし、Gポイントやポイントタウンもソラチカルートを活用する上で必要なサイトです。

もし、モッピーのキャンペーンが利用済みであればこれらで利用しても良いかもしれません。

ポイントタウンの登録はこちら。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

Gポイントの登録はこちら。

下のバナーから登録すると50円相当の特典がもらえます!
Gポイント

まとめ

以上、ソラチカカードのスペックからお得な発行方法までまとめてみました。

ソラチカカードは還元率から言うとメインカードには向きませんが、新ソラチカルートを利用する上での必須のカードです。

東京メトロに乗車する機会がある場合は支払方法として利用しても良いでしょう。

また、更新時に自動的にマイルを生み出すカードとしても有能です。

ぜひこの機会に発行してみてください。

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

フォローする