Sponsored Link

PontaカードがApple Walletに対応!利用方法・メリットを紹介!

PontaカードがiPhoneのWalletアプリに対応しました!

WalletはiPhoneに標準で搭載されているアプリです。アプリ上にクレジットカード、搭乗券などを登録して管理することができます。

これまでiPhone上でPontaカードを管理する場合、Pontaカードアプリ、ローソンアプリ、その他ポイントカード管理アプリが選択肢でした。

しかし、Walletアプリへの対応で管理するアプリの選択肢が増えた上、独自のメリットも生まれました。

内容

端末にかざすことでポイント提示可能

事前にWalletにポンタカードを登録しておきます。

すると、ローソンでPontaカードを提示する際、レジの端末にiPhoneをかざすことでポイントを貯めることができます

これまではPontaカード・アプリのいずれの提示でもバーコードの読み取りが必要でしたが、Walletアプリへの対応で端末にかざすだけ済むようになりました。

バーコードの読み取りではアプリを事前に開いておく必要があったのですが、Walletの場合はかざせば自動的にカードを読み取ってくれるので一手間楽になりました。

WalletでのPontaカードの提示はローソン(ナチュラルローソン、ローソンストア100含む)で利用可能です。その他のPontaカードの加盟店では、従来通りPontaカードやWallet以外のアプリ

での提示となります。

対応デバイスは、iPhone 6以降(iOS 12以降)、Apple Watch Series 1以降(watchOS 5以降)です。

Apple Payで同時決済も可能

さらに、Apple Payでは同時決済可能です!

Apple Payで支払いをすれば、別途ポイントカードの提示がなくても自動的にPontaポイントが貯まります。

これは非常に便利です。

ローソンでポイントカードの提示と支払いをスマホ一台で済ませようとするとやや時間がかかっていました。Pntaカードアプリからスマホ決済アプリに切り替えるとバーコードの再読み込みがされることがあったためです。

Apple Payではアプリを起動することなく端末にiPhoneをかざすだけ。アプリの起動が必要ありません。非常にスムーズです。

Apple Payの対応デバイスはiPhone 7以降(iOS 12以降)、Apple Watch Series 2以降(watchOS 5以降)です。ポイントを貯めるだけの場合と異なり、iPhone6、6S、SEは含まれませんので注意してください。

Sponsored Link

メリット・デメリット

メリット

かざすだけでカード提示が可能

walletアプリに登録した場合、アプリを起動しなくともiPhoneを端末にかざせばポイントを貯めることができます。

特にApple Payで決済する場合は、ポイントも同時に貯まるので非常にスムーズです。

ポイントカードを持ち歩く必要がない

アプリでのカード管理で共通して言えることですが、ポイントカードを持ち歩かなくて良いという大きなメリットがあります。

様々なカードを持っていると数が多くなり財布が膨らみがち。カードを財布と別にケースで管理するのも荷物が増えてかさばります。

しかし、アプリで管理すればカードは持ち歩く必要がありません。

支払いの際にカードが見つからない…というトラブルも無くなり支払いがスムーズになります。

デメリット

ポイントが貯まらない

残念なのがApple Payを利用したことによるポイントが貯まらない点です。

クレジットカード利用のポイントは貯まりますが、Apple Pay独自のポイントの付与はありません。

楽天ペイやd払いはクレジットカードとは別に決済サービス利用によるポイントがあるんですがね…。それと比較すると残念です。

楽天ペイ、d払いについては以下の記事で紹介しています。

ポイント3重取りも可能!楽天ペイの使い方を解説。
楽天ペイとは 楽天ペイとは楽天が提供するスマホ決済サービスです。 現金やクレジットカードを持ち歩かなくてもスマホさえあれば決済が可能...
d払いのお得な使い方は?ポイントの貯め方・利用方法を徹底解説!
キャッシュレスで決済が可能なモバイル決済サービス。 現金やカードを出さなくてもスマホで簡単に決済ができて大変便利です。 ...

ポイントカードと決済アプリを併用によるポイントとApple Payのスムーズさのどちらを重視するかということになります。

ただし!

ただいまローソンでWalletにポンタカードを設定してApple Payで支払うとPontaポイントが4倍となるキャンペーンが実施中です!期間は2018年11月7日〜2019年3月6日まで。

ローソンのPontaポイントの還元率は1%なので、キャンペーン中は還元率4%です。

楽天ペイやd払いがよりお得なキャンペーンをしない限り上記期間中はApple Payがお得です。

電源が切れると利用できない

iPhone上でPontaカードを管理することになるので電源が切れると利用することができません

使いたい時に電源が切れてる…なんてことは滅多にないと思いますが、使えない場面が生じてしまう点がデメリットです。

設定方法

WalletへのPontaカードの設定方法を紹介します。

Pontaカードアプリ

Pontaカードアプリを起動するとバーコード下の「Apple Walletに追加」というバナーが表示されるので、これをタップします。

Pontaカードが表示されるので、右上の「次へ」をタップします。

個人情報追加画面が表示されます。メールアドレスを入力して右上の「次へ」をタップ。

利用規約を確認した上で同意をタップします。

次に、「自動で選択」・「自動で選択しない」の選択肢が表示されるので、「自動で選択」を設定しましょう。ローソンの端末にかざしたときに自動でPontaカードが選択されます。

以上で、設定完了です。

Ponta Web

Ponta Webにアクセスします。設定するにはPontaWebへPonta会員IDの登録が必要です

以下のページからPonta会員IDの登録ができます。

画面上の「ポイント通帳」をタップします。

会員IDでPonta Webにログインします。

ポイント通帳のポイント数の下に表示される「Apple Walletに追加」をタップしましょう。

これ以降はPontaカードアプリからの設定と同様の流れです。

①Pontaカードが表示されるので右上の「次へ」

②個人情報追加画面になるのでメールアドレスを入力して右上の「次へ」

③利用規約を確認した上で同意

④「自動で選択」を設定する

以上で設定の完了です。

Apple Pay決済時の通知から登録

ローソンでApple Payによる支払いをするとiPhoneにポンタカードの通知が届きます(Walletアプリの通知を承認している場合のみ)。

これをタップすると登録画面へ移行します。

前述の流れに従って登録を完了しましょう。

使い方

ポイントを貯める

レジでポイントカードの提示を確認されたら、「iPhoneで」と伝えます。

Wallet設定時に「自動で選択」を設定してあれば、iPhoneをかざす際に Walletアプリを起動しておく必要はありません

この後はiPhoneの機種により流れが異なります。

FaceID搭載iPhone

①Face ID対応機種はサイドボタンをダブルクリック。

②認証を求められたら視線を向けて認証する

③端末が光ったらiPhone上部を端末にかざす。

④完了すると画面に完了マークが表示されます。

Face ID対応機種はiPhone X以降です。

iPhoneのサイドボタンをダブルクリックすると認証が求められ、視線を向けることで認証が完了します。この状態でレジの端末にかざすと読み込みが可能となります。

Touch ID搭載iPhone

①端末が光ったらTouch IDに指を置いたままiPhone上部をかざす。

②完了すると画面に完了マークが表示されます。

Touch IDの場合は指紋認証で読み込みが可能となります。端末にかざす際に指を置いたままにすることで認証が行われ、端末による読み込みが可能となります。

Apple Watch

①サイドボタンをダブンクリックし、「準備完了…」と表示されるのを確認する

②端末が光ったらApple Watchを端末にかざす。

③完了するとApple Watchが軽く振動し、画面には完了マークが表示されます。

Apple Pay決済でポイントも貯める

Apple Payで決済とポイントカードの提示を同時に済ます場合は、「Apple Payで」と伝えます。「iPhoneで」と伝えてしまうとポイントカードの提示のみとなってしまいます

また、他の支払い方法(iD、QuickPay、Suica、クレジットカードなど)を指定して支払った場合はPontaカードと同時決済されないので注意が必要です。

「Apple Payで」と伝えた後の流れはiPhoneの機種により異なります。

各項目は基本的にポイントカードの提示の場合と同じです。

Face ID搭載iPhone

①サイドボタンをダブルクリックし、視線を向けて認証する。

②レジの読み取り端末が光ったらiPhone上部を端末にかざす。

③完了すると画面に完了マークが表示されます。

Touch ID搭載iPhone

①端末が光ったらTouch IDに指を置いたままiPhone上部をかざす。

②完了すると画面に完了マークが表示されます。

Apple Wallet

①サイドボタンをダブルクリックし、「準備完了…」と表示されるのを確認。

②レジの読み取り端末が光ったらApple Watchを端末にかざす。

③完了するとApple Watchが軽く振動し、画面には完了マークが表示されます。

まとめ

PontaカードがWalletに対応したことでiPhoneユーザーはより便利にPontaカードを利用することができるようになりました。

支払いがスムーズなApple Payでは決済サービスの利用ポイントが貯まらないというデメリットがありますが、キャンペーンが行われているしばらくの間はこのデメリットを気にする必要はありません。

また、スマホでどんどん便利になっているのが実感できる点で利用していて楽しいです。笑

Walletに登録しても他のサービスでPontaカードが使えなくなることはないのでiPhoneユーザーの方は一度登録してみてはどうでしょうか。

ぜひ一度利用して、便利にポイントを貯めてみてください!

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

フォローする