Sponsored Link

d払いのお得な使い方は?ポイントの貯め方・利用方法を徹底解説!

Designed by katemangostar / Freepik

キャッシュレスで決済が可能なモバイル決済サービス。

現金やカードを出さなくてもスマホで簡単に決済ができて大変便利です。

今回はモバイル決済サービスの1つである「d払い」について解説していきたいと思います!

d払いとは

ドコモが提供するモバイル決済サービスです。

そのためドコモのdポイントと相性が良く、サービスの利用でdポイントを貯めることができます。

ドコモ利用者(spモード/iモード契約者)であるか、それ以外の方はdアカウントを作成することによって利用することができます。

Sponsored Link

ドコモ払いとの違い

d払いと似たドコモ払いというものがあります。

こちらは、ドコモ利用者(spモード/iモード契約者)のみ利用可能な支払い方法で、一部のインターネット加盟店で利用できるものです。

たとえば、Amazon、Yahoo!ショッピング、スターバックスオンラインストアなどで利用できます。

注意が必要なのが、このドコモ払いではdポイントが貯まらないということです。

初めて利用するサイトなどで支払い方法を新たに入力することなくd払いに必要なログインだけで済むというメリットはありますが、ポイント面ではメリットはありません。

どこで使えるか?

街での決済とインターネットでの決済の両方に対応しています。

インターネットでのd払いに対応している店舗は以下の通りです(2018.10.25現在)。

ジャンル 店名
ショッピング KALDI、ショップジャパン、omni7、ソニーストア、高島屋オンラインショップ、フリマjp、マツモトキヨシ、無印良品、メルカリ、ラクマ、他52店舗
ファッション・生活雑貨 アメリカイーグル、URBAN RESEARCH、ABCストア、safari、SHIPS、JILL STUART、JINS、タカシマヤファッションスクエア、nano・universe、ニューバランス、BEAMS、マンハッタン・ポーテージ、UNITED ARROWS、他49店舗
音楽・映画 WIZY、松竹マルチプレックスシアターズ、TOWER RECORDS ONLINE、Neowing、mu-moショップ、ムビチケ
ゲーム GAMECITYオンラインショッピング
動画・電子書籍 なし
サービス WILLER TRAVEL、ABC体験レッスン&1dayレッスン予約サイト、大宮アルディージャオンラインチケットサービス「アルチケ」、大宮アルディージャスタジアムオーダー、Jリーグチケット、ジェットスター、TOLOTO、はがきデザインキット、バニラエア、ピザクックインターネットでのd払いに対応している店舗は以下の通りです。

街でのd払いに対応している代表的な店舗は以下の通りです(2018.10.25現在)。

ローソン、ツルハドラッグ、薬の福太郎、ドラッグストアウェルネス、高島屋、TOWER RECORDS、URBAN RESEARCH、earth music&ecology、UNITED ARROWS、BEAUTY & YOUTH UNITED ARROWS、UNITED ARROWS green label relaxing 、 三代目鳥メロ、和民、ITALIAN RESTAURANT&BAR GOHAN

その他の加盟店舗も順次拡大中で個人の店舗も加盟店では利用できます。

利用料金

登録・利用ともに無料です。

完全無料ですのでコストを気にせず利用できます

メリット・デメリット

メリット

現金の管理が不要

モバイル決済サービスの特徴であるキャッシュレスです。現金を持ち歩かなくても支払いが可能となり、手持ちの現金を気にする必要がありません。

出かける際は常に持ち歩くと言ってもいいスマホ一つで決済できるのが便利です。

dポイントが貯まる

d払いで決済を行うとdポイントが付与されます

還元率はインターネット決済で1%、待ちでの決済で0.5%です。

同じくモバイル決済サービスの利用でポイントが貯まる楽天ペイの還元率は0.5%です。d払いのインターネット決済還元率1%は高還元となってます。

貯めたdポイントはローソンでお得に利用することもできます。

【Pontaポイント/dポイントのお得な使い方】ローソンのお試し引換券が超絶お得!
Pontaポイントとdポイントは共通ポイントで利便性が高く、多くの人が利用しているかと思います。加盟店では1p=1円として支払いの一部に充当...

期間・用途限定のdポイントの消化に便利

dポイントには期間・用途が限定されたポイントがあります。

これらは利用できる期間が短かったり、用途が限られていて消化に困ることがあります。

d払いでは決済の際にdポイントを利用できるので、ポイントの一部を消化したいときに便利です。

ただし、街での支払いで指定できるポイント数は100Pからで、しかも利用できるポイント数は事前に用意されているものしか選択できません。

細かいポイント数が設定ができない点では、楽天ペイに劣ります。

ポイントの3重取りが可能

まず、d払いをするとdポイントが貯まりますね。

また、支払い方法にクレジットカードを指定することでクレジットカードのポイントが貯まります。ドコモ利用者で「電話料金合算払い」を指定した場合でも、電話支払いをクレジットカードで行えば、同じくクレジットカードのポイントが貯まります。

さらに、加盟店で利用できるポイントカードがあれば、そのポイントも貯まります!

例えば、ローソンではPontaポイントまたはdポイント(d払い分とは別にdポイントカード分も貯まります)を貯めることができます。

クレジットカードの支払いだとクレジットポイントとポイントカードの2重取りです。

代わりにモバイル決済サービスを利用するだけでさらにポイントが貯めることができるのおいしいですね。

キャンペーンが豊富

ポイントがお得に貯まる様々なキャンペーンが行われます。

現在、はじめてのd払いの支払い(税込300円以上)で200円分のdポイントプレンゼントのキャンペーン(2018年10月1日〜11月30日)が実施中です!

このキャンペーンはエントリーが必要です。

さらに!対象店舗でのd払いの利用でポイントが10倍貯まるキャンペーンが行われています。

10倍ですよ!?使わないと絶対に損です!

加盟店によっては支払額がある程度高額になると思われるところもあるので、10%はかなりお得ではないでしょうか。

ただし、ドラッグストアや加盟店の一部売り場など対象外もあるのでキャンペーンの詳細を確認してください。

支払い方法で銀行口座が選択可能

d払いでは、ドコモ利用者であれば支払い方法として電話料金合算払いを選択することができます。ドコモ利用者であれば、クレジットカードやデビットカードを持っていなくとも利用することが可能です。

デメリット

使える店舗が限られている

d払いはコンビニ、百貨店、大手アパレルショップ、ドラッグストアなど利用しやすい加盟店は比較的多いですが、iDやQuickPayなど他の電子決済に比べると加盟店は限られています。

利用方法

アプリをインストール

まず、d払いのアプリをインストールしましょう。

iPhoneであればApp Store、AndroidであればGoogle Playからd払いアプリをダウンロードしてください。

初期設定を行う

ドコモ利用者

アプリを起動したら、案内に従ってアプリにログインしましょう。なお、ドコモの支払い方法としてJCBのクレジットカードを指定している場合は、次の項目を参照してください。

spモード接続時であれば4桁のパスワードでログインします。wi-fiに接続している場合はdアカウントでログインすることになります。

ドコモの利用料金の支払い方法にクレジットカード を登録している場合は、d払いの支払い方法としてそのクレジットカードが登録されます。

支払い方法を変更したい場合は、アプリホーム画面左上の「三」をタップし、「お支払い方法」から変更を行ってください。

ドコモ非利用者・ドコモ利用者でJCBのクレジットカードの利用

まず、ドコモ利用者ではなくdアカウントを待っていない場合は以下のページからdアカウントを作成してください。

dアカウントの作成が完了したらdアカウントでログインしましょう。

ログインができたら支払い方法を設定します。

利用できるクレジットカードはVISAまたはMasterです。

クレジットカードの設定をするには本人認証サービス3Dセキュアの認証が必要です。

カード情報の入力が完了したら、設定したカードの本人認証サービスへジャンプするので認証を完了してください。

以上で初期設定は完了です。

決済でバーコードを読み取ってもらう

設定が完了したら決済で利用できます。

加盟店で支払いの際に、d払いで支払う旨を伝えましょう。

アプリを起動して画面に表示されたバーコードを読み取ってもらいましょう。

読み取ってもらうことで支払いが完了します。

なお、支払いにdポイントの利用する場合、ポイント数を指定できます。

指定するにはアプリホーム画面の左上部分をタップし、「設定」へ進んでください。

次に、「充当方法」を選択すると、「dポイント」の項目があります。

その下「全て」をタップしてください。

すると、「全て」、「100P」、「500P」、「1,000P」、「3,000P」、「5,000P」、「10,000P」の選択肢が表示されるので支払いに利用したいポイント数を設定してください。

設定したポイント数が支払いに充当されます。

まとめ

以上、d払いについて解説してきました。

決済に充当するポイント数の指定が不便という点があるものの、アプリの利用でポイントが貯められる大変便利なサービスとなっています。

d払いはドラッグストア、百貨店、大手アパレルショップなど加盟店も比較的多く、この点では同じくアプリの利用でポイントが貯まる楽天ペイよりも優位性があるのではないでしょうか。

また、キャンペーンも頻繁に行われており、うまく利用することでさらにお得にポイントを貯めて節約することが可能となります。

モバイル決済サービスの利用方法としては、貯めるポイントを一つに絞りたい理由がない限りは、様々なサービスに登録しておくことをおすすめします。その上で、キャンペーン等を考慮しながら、その時の決済で一番還元率が高くなるものを選択するという方法が良いと思われます。

ぜひ、この機会にd払いも利用してみてはどうでしょうか。

また、別の記事でその他のサービスについても解説しているのでこちらも参考にしてみてください。

楽天ペイはこちら。

ポイント3重取りも可能!楽天ペイの使い方を解説。
楽天ペイとは 楽天ペイとは楽天が提供するスマホ決済サービスです。 現金やクレジットカードを持ち歩かなくてもスマホさえあれば決済が可能...

Origami Payはこちら。

Origami Payはお得?登録・使い方を解説!
Origami Payとは 株式会社Origamiが提供するスマホ決済サービスです。 スマホにorigami payのアプリをインス...
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

フォローする